宮崎シーガイア ホテルでの過ごし方

宮崎シーガイアではたくさんのアクティビティーや施設があります。
真夏に涼しく過ごしたい私と娘ちゃん目線での楽しみ方や過ごし方をご紹介します。

朝食ビュッフェ「パインテラス」

15階からの朝の景色です。
まだ梅雨明けとならず雨は降らずとも曇っています。

お楽しみは朝のブッフェ
1階にありますガーデンビュッフェ「パインテラス」は7時を過ぎれば並びだすと思われ
頑張って6時起きの6時半過ぎには部屋を出ました。

7時30分にもなれば入り口に列ができ8時にもなれば長蛇の列!
いつ席につけるんだろう???
やはり夏は繁忙期、しかしまだ繁忙期とまでいってないらしいので
お盆期間はどうなっちゃうのでしょうか?!
どちらにしても早起きがお得なようです。


「宮崎牛と西洋やさいの焼きおにぎり茶漬け」
美味しくて忘れられません😭
写真では伝わりにくいのが残念!
宮崎牛の柔らかい優しい味と、地鶏と昆布の出汁がコク旨で!!
名産のゆずこしょうを加味するとまたまた絶品です。
出汁好きにはたまらない一品で2朝とも出汁四杯❤️

これだけでお腹いっぱいですが

「冷や汁」と「九州パンケーキ」も捨てがたいんですよ~


朝食ビュッフェ料金は
大人2500円 子供1250円
(私たちはプランの中に含まれていました)

 

THE LIVING GARDENプール

朝食をたっぷりいただいてゆっくり過ごした後は
娘ちゃんお待ちかねのプールです!

ガーデンプールは大小2つのプールがあります。
上写真は深い方で一番深いところで1メートル少しあるようです。

遊泳期間は7月20日~8月31日9時~22時
宿泊者専用になっています。

タオルを貸し出ししてくれるのがいいです!
貸し出し用の浮き輪500円もありますし
受付横に脱水機も用意してくれているので水着も乾かせます。
本格的にお洗濯したい方には地下一階にコインランドリーがあります。

奥に見えるテントのような空間は
贅沢なプライベート空間「水辺のガゼボ」です。
ベッドやチェアが備えられています。
■料金:一般フロア宿泊者90分2000円
    プール遊泳期間は3000円

このような椅子や傘は無料です。

こちらは3月に宿泊した時のプール写真です。

温泉施設「松泉宮」

プール横には温泉施設「松泉宮」があります。
森林の中に4つのお湯がありそのうち2つは宿泊者なら無料で利用できます。

お湯には詳しくありませんがサラッとした質感です。
匂いも感じません。
どなたもお部屋から温泉が遠いのが難点かもしれません。
しかし、お部屋のシャワールームでも十分快適です。

レタールーム

風待ちテラス奥にある“レタールーム”と呼ばれる空間があります。

上質な万年筆、色鉛筆やスタンプが卓上に用意されていて
シーガイアをおしゃれに切り取ったハガキも豊富に置かれています。


『未来への手紙』
『大切な誰かに贈る手紙』
『あてのない手紙』
この3つ行き先用ポストが用意されています。

私も娘ちゃんもお手紙を綴るのが好きで、
この洗練された空間がとてもお気に入り♪
落ち着いて書くことに集中できます。
毎日1~2時間おこもりしていました。


2019年3月に初利用の際もお籠りしていたので
レタールームを担当なさっている山下アンバサダーさんに
すっかり覚えていただき夢中な様子を撮ってくださいました。

娘ちゃんは『あてのない手紙』を書くのも好きで
今回夢中で書いていました。

翌日訪れると早速飾ってくださっていて!
娘ちゃん嬉しくて!また沢山書いて投函していました。

「書いて下ったレターは全部保管しています。
 お子さんの成長も見られて楽しいですよ」と山下さんがおっしゃっていました。

 

カクテルラウンジ「パシフィカ」

今宵も打ち上げ花火を見て

カクテルラウンジで一服


今日は海風をいただきました。

ナイトプール

22時まで遊泳OK、しかも子供もOKです。
ナイトプールは大人だけの時間にしている施設も多い中ありがたいです。

未就園児のお子さん連れは20時過ぎると減り
21時頃からは全体的に空きだします。
この時間を狙って遊びに行きました。

昼間は人を気にしながら遊ばなくてはなりませんが
これだけ空いていると遊びたい放題!
リゾートの夜は長い~~~

親と遊ぶのが楽しい年頃のお子さんがいる家族には
満足度の高い施設だと思います。

 

◆フェニックス・シーガイア・リゾートのホームページ
https://seagaia.co.jp/

チェックイン:14時
チェックアウト:11時(事前清算が可能です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です