ドイツ2日目 ロマンティック街道終着地 おとぎの国のような可愛い街「フッセン」

ミュンヘンモーニングでファッションチェック

いつどこでも寝られる私が時差ボケ?
昨晩は感動のあまり興奮気味だったのかしっかり睡眠をとることができませんでした。
(毎日寝られないとぼやく両親を思い出して、これも辛いものだと実感。)

Europaeischer Hof / ミュンヘン

ホテルの朝
モーニングのバイキングが豪華すぎて感動!

日本では高価なハムやソーセージ
そしてモッツアレラチーズやブルーチーズやまだまだ多種多様にてんこ盛り~~~
野菜はトマトにきゅうりにパプリカに
フルーツはスイカにパイナップルにキウイに他と豊富で美味しいのです。

一番驚いたのがパンとコーヒーが抜群に美味しいこと。
そういえば、3食ともパン食の国。
フランス同様に美味しいので、パン留学してくる日本人もいるそうです。
私はふわふわでパターの香りがそそるクロワッサンがお気に入りになりました♪

さてさて、ただでは終わらぬ^^
モーニング会場でもファッションチェック!
夏期休暇と思わせるラフなスタイルご夫婦が多い中
スーツ姿に整ったヘアスタイルで一人ゆったりモーニングを食べる
20~30代男性から目が離せませんでした~

ドイツのビジネスマンはスーツでもスリムなラインのパンツをはいている人が多くみられます。
ご年配であってもダボダボパンツはおられないですね~
もともと背の高い人が多いドイツ人。
スリムパンツでスラッと感がさらに強調されています。

色合わせはベーシックカラー(黒・紺・グレー・ブラウン・白)を中心にシックな配色で
色もデザインもいたってシンプルです。
イタリアで見る色っぽい男性とは全く違った印象です。

 

ロマンティック街道終着地「フッセン」

ミュンヘンからフッセンまで約2時間電車で移動しました。

世界の車窓からレベルの美しさ☆

どこまでも続きそうな広大な緑の敷地に牛がの~んびり過ごしています。
こんな環境で育った牛さん、そりゃ~おいしいミルクを産みだしますよね。
バターもチーズも美味しいはずです!

ヴュルツブルクからフュッセンまでの約400kmの街道ルートが
「ロマンティック街道」と呼ばれ
素晴らしい絶景やお城などが観光資源が豊富な場所になります。
日本でも憧れる人が多い風光明媚な街の連続です!

その「ロマンティック街道」終点『フッセン』に来ました。

ここが終点場所!
終点だけに?ひっそりしていてこの日は
どなたも観光にお越しでなかったです。

フッセンの紋章が描かれています。
       

向こうにはアルプス山脈が見えます♪

こちらは聖マング市教区教会

中に入るとこんなに美しいパイプオルガンがありました。

バイエルン州最大のだまし絵

パステルカラーとだまし絵の街並みが特徴です♪
だまし絵の教会です。

こちらもだまし絵で有名なホーエス城


ホーエス城の城壁を登ったところからの景色
川の色がバスクリン色(*^o^*)


こちらも同じ場所から方角を変えて見ています。
風情ある街並みを眺めることができます♪


休憩してますね~
基本500mlビールを飲んでいる人が多いですが
アイスクリームも人気なようで特に大人の男性が美味しそうに食べています^^

 

休憩がてらのビールは最高です~♪

500ml3ユーロ程です。(現在1ユーロ:125円前後)

 

ホテルはFruelingsgarten / フュッセン

ホテルのオーナーのおじさんがとっても朗らかでいいかた!
にこやかにしたハイジーのおじいさんのようなイメージです。


くつろぐスペースと寝室が別になった広~いお部屋♪


ひとつの窓からはアルプスの景色が~


テラスに出ると、向かいではヤギと羊がメーメー言ってます。
飼っておられるようです。

ドイツ犬

賢いドイツ犬がお出迎えしてくれました。

ドイツは犬を電車にもバスにも乗車させられるし
百貨店にも連れて行けます!

要するに、しつけがとっても厳しくてちょっとやそっとでは反応しない!
だから「ワンっ」とも吠えないし、食べ物を奪い取ろうともしないし
ただただ賢く存在しているのです。
吠える犬はドイツではやっていけないのです・・・
我が家のペロくん・・残念・・

トレーニングを受けるのが飼い主の常識にもなっているそうで
犬が犬として生きるためのスペースや環境について条例がしっかり決まっているそうです。

食との向き合いかた

さて、普段スタイリングを省けばほとんど歩かない私が
今日は1万歩なんぞ軽く超える程歩き回り
疲れはて、食欲もなくなり、サラダとビールのみ。

ドイツは経済大国だけに物価も高めで、特に外食費が高いのです。
サラダは大き目ではありますが14ユーロしました。(現在1ユーロ:125円前後)

ビールは間違いないウマさ!
サラダのドレッシングが不思議な味でドイツ人との味覚の差を体験!

ドイツでは温かい食事は昼食のみと聞きます。
朝と夜はパンにチーズなど調理しないもので済ますのが伝統だとか。

日本のように、各国の料理が食卓をにぎわす夕食というようなことはあまりないそうです。
もちろん家庭によりけりだと思いますが。
外食店においてもビアガーデンを中心にイタリアンとたまにアジア料理を見る程度で
数も日本ほどの店舗数はないように見受けられました。

この日は友人をほったらかしに寝落ちしてしまいました・・・
毎日犬の散歩に3時間費やし、近所のスポーツクラブでも体を鍛え
体力が有り余っている友人は一人テラスでワインを飲んでいたようです^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です